メニュー

ニュース [行革・民営化関連情報]

ニュース

三重県:中山間地域農業を起点とした雇用創出プロジェクト事業に係る事業実施主体を募集

今週の行政改革・民営化関連情報

 三重県では、中山間地域における重要な資源である農業を起点として、多様な就業機会の創出を図る総合的な取組を促進するため、「地域資源活用型の雇用の創出」又は「小さな拠点の形成」に関する取組(モデルプロジェクト)を実施していただく事業実施主体を以下のとおり募集します。

1 対象事業
  公募する事業は、モデルプロジェクトとして実施していただく、次に掲げる(1)又は(2)の事業とします。
(1)地域資源活用型の雇用の創出
   「地域協議会」による地域資源(農産物、農村景観、伝統料理等)を活用した新たなビジネスの展開や他分野との連携、国内外販路開拓、ブランディング等により新たな雇用を創出する取組
(2)小さな拠点の形成
   「地域協議会」による生活サポートサービス等の事業化を通じた、小さな拠点の形成の取組
2 補助
  1に掲げる事業の実施にあたっては、1事業実施主体当たり3,150,000円を上限として補助します。
3 応募の要件等
  次の(1)~(6)をすべて満たすものとします。
(1)事業実施主体は、農業者や地域住民等で構成された「地域協議会」とする。
   なお、本事業の応募時点においては設立見込みで可とするが、事業実施主体の選定までに正式に設立すること。
(2)地域協議会で合意され、取組方向が市町の農業政策及び地域政策と合致している「地域活動戦略の骨子」を有し、年度内に地域活動戦略として策定するもの。
(3)所在地及び主な活動地域が地域振興関係5法(過疎地域自立促進特別措置法、山村振興法、特定農山村法、半島振興法、離島振興法)の指定地域内にあること。    
(4)「1(1)」については、平成29年度までに、地域協議会又は地域協議会の核となる農業法人等で新たに1名以上の雇用等を創出できるもの。また、「1(2)」については、平成28年度から生活サポートサービス等(1事業以上)を開始できるもの。
(5)「2」を受けて実施する事業を平成28年3月31日までに完了することができること。
(6)地域活動戦略にもとづく活動実績及び、「2」を受け整備・導入等を行ったものの利用状況等を別に定める様式により、平成29年度までの間、毎年度3月末までに所管する県事務所へ行うこと。
(7)県が行う調査等への協力ができること。
  ・事業の実証に向けた調査等
  ・経費支出に関する書類の整備、及び事業が完了した日が属する会計年度の終了後5年間の保存
4 募集期間
  平成27年12月 3日(木)から12月18日(金)まで
5 応募方法
  (1)の書類1部を平成27年12月18日(金)までに(2)へ持参又は郵送・宅送により提出してください。
(1)提出書類
   ・中山間地域農業を起点とした雇用創出プロジェクト事業計画書(様式第1号)
   ・規約等
(2)提出先
   三重県農林水産部農業戦略課 地域活性化プラン推進班
   〒514-8570 三重県津市広明町13番地
   (持参の場合は、土日を除く9時から17時まで)
6 事業実施主体の決定
  応募のあった事業計画書について、プレゼンテーションによる審査等を行い、次のとおり決定します。
   ・地域資源活用型の雇用の創出  3者以内
   ・小さな拠点の形成       1者以内
  ※詳細につきましては、別添公募要領をご覧ください。


関連資料 公募要領(PDF(33KB))

カテゴリー

「事業計画書 作成マニュアル」のお申し込みはこちら

情報投稿フォーム
事業計画書作成マニュアル
指定管理者獲得サポートコンサル
フェイスブック
ページトップ