メニュー

ニュース [行革・民営化関連情報]

ニュース

自治体が指定管理者を評価する主な事業ポイント

今週の行政改革・民営化関連情報

(1)民間企業の経営ノウハウの発揮と継続により利用者増加

・施設の老朽化に加え、近隣の民間類似施設への利用者流出という厳しい状況下にも係らず経営努力の継続により利用者を安定的に確保

 

(2)ヒト(利用者サービス向上)モノ(無事故)コト(コスト節減と収支良好)が一体とした運営および地域活性化

利用者サービス向上コスト節減を徹底した上に、収支状況が良好であること。更に地域活性化に対する貢献が高いこと。加えて設備・人身共に無事故・・・

 

(3)創意工夫により経費削減と業務改善および収益確保など

・稼働率の低い時期は新企画を立ち上げ,PRなどにも力を入れ,施設の利用者売上げともに増加。利用者からの苦情・要望等にも迅速に対応

 

(4)自主事業の効果的活用により業務評価

・直営ではできない自主事業を毎年複数回実施

 

(5)アンケート調査・利用者満足度調査の結果に基づいて改善・向上し、さらにプラスの改善を実施

 

 

(6)ホームページの活用により利用者サービスの向上

 

 

(7)高い接遇サービスなどによる利便性向上

カテゴリー

「事業計画書 作成マニュアル」のお申し込みはこちら

情報投稿フォーム
事業計画書作成マニュアル
指定管理者獲得サポートコンサル
フェイスブック
ページトップ