メニュー

制度導入・運営実態

制度導入・運営実態

「蔵の街栃木」のまちおこしを後押しする観光協会

とちぎ山車会館・とちぎ蔵の街観光館・栃木市倭町駐車場

 「とちぎのルーツ 蔵の街」がはじまりともいわれている栃木市は、江戸時代から市の中心部を流れる巴波川(うずまがわ)の舟運での江戸との交易によって栄えた。江戸からは日光御用の荷や塩などが運ばれ、栃木からは木材や農産物などが運ばれるようになり、次第に交易が盛んになり、その豪商達が白壁土蔵を巴波川の両岸に沿って建てていき、江戸の終わり頃には栃木の商人達は隆盛をきわめた。
 つまり栃木市の蔵の街並みは、かつての栄華を極めた豪商達の歴史を築いてきたものである。
 今回こうした地元の歴史を保存し伝承する一般社団法人 栃木市観光協会の指定管理者としての取り組みを紹介する。

カテゴリー

「事業計画書 作成マニュアル」のお申し込みはこちら

情報投稿フォーム
事業計画書作成マニュアル
指定管理者獲得サポートコンサル
フェイスブック
ページトップ