メニュー

制度導入・運営実態

制度導入・運営実態

利用者の主体性を大切にした障害者用スポーツ施設のあり方を追求する

千葉県障害者スポーツ・レクリエーションセンター

パラリンピックに象徴されるように障害者がスポーツを行うことは、今や特別に珍しいことではなく、広く普及し社会的な理解も深まっている。障害者用のスポーツ・レクリエーション施設も、数が多いとは言えないが、全国的に整備されてきた。
 障害者がスポーツを行うことは、リハビリや健康増進につながるばかりでなく、家に閉じこもりがちな障害者の自立と社会参加にもつながる。その意味で、障害者用のスポーツ・レクリエーション施設が果たす役割は多様で大きい。

カテゴリー

「事業計画書 作成マニュアル」のお申し込みはこちら

情報投稿フォーム
事業計画書作成マニュアル
指定管理者獲得サポートコンサル
フェイスブック
ページトップ